神奈川県でギャンブル依存症を治療してくれる病院・施設11選。

病院

GA関東地区

GA

ギャンブルを辞めようと思う人が集まる自助グループ

ギャンブル依存症になり辞めたくても辞めれない人同士が依存を断ち切るために仲間と一緒にミーティングを行い回復を目指していきます。
神奈川では現在2018年12月現在15のミーティング会場があり内2会場では女性専門の会場となっています。地方よりもかなり多くの会場があり開催回数も多いので数多く参加されると回復の手がかりや回復のスピードも上がっていくと思います。
女性同士で気兼ねなく話をしたい方はそちらの会場もお勧めいたします。
プライバシーに関わる事なので個人情報を名乗る必要もありませんし話した内容はそのミーティング会場内だけにとどめておくルールとなっています。

ミーティング時間
各会場によって異なります。詳細はGAのホームページでご確認ください。

住所
各会場によって異なります。詳細はGAのホームページでご確認ください。
ホームページで詳細を確認する
http://www.gajapan.jp/jicmp-ejp.html

久里浜医療センター

久里浜医療センター

2013年6月よりギャンブル依存治療研究部門を立上げメディアにも大きく取り上げられています。

2013年6月よりギャンブル依存治療研究部門 (TPGR)を開設され治療を開始されています。多くのメディアにも取り上げられGAでも通院されているといった方もおられました。
診療は、精神科医師、臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士が診察してくれます。外来受診では6回のプログラムに分けて行われ6回の後も手紙療法を行っておられます。
各医師によって面接や診察・心理検査・体力測定・認知行動療法などを行っています。この他にも頭部CT、採決、検尿、心電図などの検査も行うそうです。
ホームページに「のめり込み度チェック項目」チェックシートがあるので危険指数を上回っていたり自分がギャンブルに依存していると思われる方は一度相談をお勧めします。

診療時間

電話番号
046-848-1550
住所
神奈川県横須賀市野比5-3-1

ホームページで詳細を確認する
http://www.kurihama-med.jp/gamble/index.html

ワンデーポート(認定NPO法人)

ワンデーポート

入所を通じてギャンブルを断ち切る生活をして回復を目指します。

ワンデポートでは同じギャンブル依存性で苦しんでいる人が入所生活をしながら回復を目指します。主に個別相談・グループセラピー・運動など行われておりレクリエーションも重点をおかれギャンブルをしなくても楽しい生活を過ごせる実感を身につけてもらえます。
また就労支援やボランティアや資格の取得を勧め社会復帰を目指します。ワンデーポートの生活費が捻出できない方は生活保護の申請の同行や借金については債務整理の手伝いもしてくれます。
社会生活をして行く上での自分の課題(弱いところ・苦手なところ)がありそれを逃げる為にギャンブルに逃げていることが分かったそうです。そこを解決される取り組みをされています。
・利用費について
入所金(利用開始時のみ)   32,400円(消費税込み)
入寮費(寮費)        1ヶ月/50,000円
プログラム利用費     1ヶ月/54,000円(消費税込み) 
上記のほか食費等実費が必要です。
上記の利用費を含めて1ヶ月19万円が目安です(はじめの一ヵ月は21万円。生活保護の方はご相談ください。)

本人・家族電話相談時間
(平日)10時~17時

電話番号
045-303-2621
住所
横浜市瀬谷区相沢4-10-1

ホームページで詳細を確認する
http://www5f.biglobe.ne.jp/~onedayport/index.html

大石クリニック

大石クリニック

ギャンブル依存症 専門外来の精神科

診察・投薬治療や個人にあわせた必要な治療プログラムを受診して回復を目指します。
あなたのライフスタイルにあわせて6つのコースから受診を選ぶことができます。

  • 一般外来コース
  • ビジネスマンコース
  • デイケアコース
  • ご家族向けコース
  • リワークコース
  • 就労支援コース

受信をして入院が必要であれば入院可能な専門病院への案内もしてくれます。
精神科で保険証を使うと会社に自分がギャンブル依存症などのプライバシーを知られるという心配があります。
しかし、心配無用です。守秘義務が有り会社に通達はないので安心して受診できます。

診療時間
午前:9:20~11:00
午後:13:00~16:00
夜間:17:00~19:30※火・水・木のみ
休診日:日曜・祝日

電話番号
045-262-0014
住所
神奈川県横浜市中区弥生町4-41大石第一ビル

ホームページで詳細を確認する
http://www.ohishi-clinic.or.jp/sono_gya.html

神奈川県立精神医療センター

神奈川県立精神医療センター

入院を通してじっくり依存性を回復させたい方へ

ギャンブルギャンブル依存症にともない合併症を起こしてしまう他の依存症も並行して入院の受け入れをし治療をされています。
入院の対象はギャンブル依存症と診断され、生活環境調整、併発するほかの精神障害などのために自らが希望される方です。様々な治療プログラムがあり原則として本人が選択して選ぶようになっています。
依存症の講座や音楽療法・作業療法・SMARPP16や自助グループの方が支援してくれ自らの体験を語ったりしてくれます。

予約受付
午前8時30分~午後5時

電話番号
045-822-0241
住所
神奈川県横浜市港南区芹が谷2-5-1

ホームページで詳細を確認する
http://seishin.kanagawa-pho.jp/treat1/dependence.html

清川遠寿病院

清川遠寿病院

気分を落ち着けて入院をして治療に専念されてはいかがでしょうか。

依存性にも良い依存と良くない依存があると言われています。ギャンブル施設が近くになく自然が溢れた当院でゆっくりと身体を休めて療養・休養・静養をしてみませんか?と提案されています。
入院治療については、期間は相談の上2週間から6週間程度が一般的とのことです。
その間、作業療法や森林浴・森林散策活動・院内のミーティングやGAの参加などがあります。入院中はソーシャルワーカーが対応してくれます。金銭問題・多重債務などの借金問題も弁護士や司法書士などの紹介もしてくれます。

外来診療時間
9時30分~12時

電話番号
046-288-1511
住所
神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷3414

ホームページで詳細を確認する
http://kiyokawa-enjyu.com/infomation/izon/

学校法人北里研究所 北里大学東病院 精神神経科

北里大学東病院

神奈川県相模原市では初のギャンブル障害専門外来

治療の中心は集団認知行動療法です。
ギャンブル依存症は借金を伴う病気ですが当院では借金問題とは切り分け医学的な対応を行います。
自らがギャンブルを辞めたいまたは自分自身は迷っているが周りから辞めた方がいいと言われている方が対象となります。
週1回の外来治療になります。他の精神科等で他の症状で通院された方もギャンブルを辞めたくて当院を利用することも可能とのことです。

診療時間
初診(水曜の午前中)
集団療法(毎週水曜 15:00~16:30)
再診(月曜日の午前中)
心理面接(不定期)

電話番号
042-748-9111
受診を希望される方はメールしてくださいとのことです。kipp@kitasato-u.ac.jp(クリックするとメーラーが立ち上がります)
住所
神奈川県相模原市南区麻溝台2丁目1番1号

ホームページで詳細を確認する
https://www.kitasato-u.ac.jp/ehp/medicalpersonnel/seishinshinkeika.html#gambling

ヌジュミ NPO特定非営利活動法人

ヌジュミ

女性のギャンブル依存症など回復を支援する無料の施設

「ヌジュミ」の利用は無料です。
経済的に苦しんでいる方を負担をかけずに回復できるプログラムを提供したいという思いからとのことです。
平成24年1月1日より障害者総合支援法の横浜市地域活動センター事業精神障害者、
地域作業所型事業所として横浜市から補助金を得ました。
共通の悩みを共有して適切な治療期間に早く繋がるように協力しあっています。
ギャンブル依存症以外にも借金癖、買い物に問題がある女性のかたの相談に対応してくれます。
電話相談屋やデイケアの見学や面接も随時対応してくれます。また不定期でセミナーイベントも行われています。

電話番号
045-744-6516
住所
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1230 サンハイム西谷第一104

ホームページで詳細を確認する
http://nujyumi.la.coocan.jp/

川崎マック

川崎マック

利用料は無料。ギャンブルの他、依存性に関わるあらゆる相談に応じてくれます。

ギャンブル依存症の他アルコールや薬物依存の回復を目指している方が集まるリハビリテーションセンターになります。
1日に3回のミーティングをされ利用料は無料になります。※他のレクリエーション費用や交通費は個人負担になります。
レクリエーションはソフトボール大会・ソフトバレーボール大会・クリスマス会・新年会・海水浴などがあります。
またミーティング以外にも電話連絡をしてから面接相談もしていただけます。
マックのプログラムは無料で同じ依存から回復するために様々なプログラムを用意されています。

利用時間(年中無休)
午前8:30~午後5:00

電話番号
044-266-6708
住所
川崎市川崎区東門前 2-2-10

ホームページで詳細を確認する
http://japanmac.or.jp/kawasakimac/

心理オフィスK

心理オフィスK

夜間も対応してくれる横浜の臨床心理士によるカウンセリング

個々のギャンブル依存の疾患の診断を行い、合併症を査定して重症度を評価していきます。
治療方法は認知行動療法、動機づけ面接法といったカウンセリングと、薬物療法があります。
認知行動療法では認知の歪みの修正問題解決技能訓練、社会技能訓練、再発予防の5つの治療モデルがありそれをもとにカウンセリングをしてもらいます。また自助グループの参加も推薦されておられます。
カウンセリング(1回50分) 7,000円 医療機関ではないため、健康保険は使えません。詳細はこちらのページをご確認ください。

開室時間
10:00~22:00
カウンセラーにより異なります。詳細はコチラをご確認下さい。

電話番号
045-717-5687
住所
神奈川県横浜市港北区篠原北2-4-17 ライラック102号・103号

ホームページで詳細を確認する

カウンセリングの武蔵小杉セラピールーム

武蔵小杉セラピールーム

かけがえのない私・あなた・命のためのカウンセリングとセラピー

依存症は辞めようと思っても辞められない病気です。
自助グループの参加が役立ちます。GAに通いながら依存症の原因となっている行動や物質摂取をやめ、自分自身の性格や生活に合わせ今までの経験を見つめ直していきます。
そして自分にストレスになっていたものは何かを見つめ直していくことで回復へと目指していきます。依存症者本人でなく家族の方でも対応を学びストレスのない生活を心がけることで平穏な家族生活が過ごせる効果も期待できます。
対面・個人心理カウンセリング(50分)1対1のカウンセリングです。50分8,000円掛かります。医療機関ではないため、健康保険は使えません。詳細金額はこちらのページをご確認ください。

開室時間
火~金曜日 10:00~20:00
土曜日 10:00~15:00(隔週)
日曜日 10:00~15:00(隔週)
月曜日 定休日

電話番号
044-733ー5222
住所
神奈川県川崎市中原区小杉町1丁目520-6

ホームページで詳細を確認する
http://a-kokoro.com/addiction/