100回以上失敗した僕が禁スロ300日達成して気づいた事(パチンコ・パチスロ)

100回以上失敗した僕が禁スロ300日達成して気づいた事

今日で禁スロはじめて300日が経過しました。
100日目150日目200日目と区切りで記事を書いてきましたので今回も300日目の気持ちを書いていきます。

100回以上失敗した僕が禁スロ200日達成して変わった事

100回以上失敗した僕が禁スロ200日達成して変わった事(パチンコ・パチスロ)

2019年5月26日
できない理由を探すな

100回以上失敗した僕が禁スロ150日達成できた4つの理由(パチンコ・パチスロ)

2019年4月8日
禁スロ100日達成できた理由

100回以上失敗した僕が禁スロ100日達成できた理由(パチンコ・パチスロ)

2019年2月15日

今までは区切りの日にちをかなり意識して取り組んできたのですが今回300日目は割と自然な感じでここまでたどり着くことができました。

パチスロへの衝動や葛藤

最近はパチンコ店に行きたいという衝動はあまりないです。
パチンコ・スロットの情報は遮断しているのですがニュースなどで出てくるとあまり良くないと思いますがチェックしてしまいます。そして気になり昔打っていた機種がまだあるのかななどとP○ールドを見てしまったりして、その後また自分が昔のように戻らないかなと不安になったりして寝付けないこともありました。

心の葛藤

禁スロはじめて215日目の6月上旬頃ですがかなり気持ちの動揺が大きかったです。禁スロできたのも今までの生活習慣を変えたり考え方を変えてみたりしてきたからだと思います。変えれば変えるほど今までの自分はなんだったんだろうか、これからの自分の期待とちょっとした恐怖みたいなのがあり情緒不安定な時期を送っていました。このブログも何について書いていいのか分からなくなったりもしてきました。そういうこともあり無理にこのブログを更新することも辞めて自分のペースで書いていこうと決めました。

良かったこと

良かったこと
今までは仕事や生活をするにしてもほぼ無計画で取り組んでいましたが禁スロする為に良いものは習慣化してしっかりと計画をたてて取り組めるようになりました。

ツイッター

毎日カウントしてどうでもいい日記をつぶやいているだけなのですが自分にとっては物凄い禁スロに対する意識づけができます。もともと頻繁にSNS発信できるタイプではないので1ツィート発信するにしても最初は何を発信していいのか固まっていました。目的は同じ依存性に苦しんでいる方と克服をする為ということがありかなり自分にとっては効果的です。

家計簿

6月からエクセルで家計簿を付けてみました。そしてこの時期から自炊も始めました。カテゴリとしては家賃など決まっている費用以外の食費・外食・飲料・イベントチケット・交通費・医療費・その他のように付けています。
ギャンブルしていた頃は、家計簿はつけず全てが外食でした。その当時はタバコもお酒もたくさん飲んでいました。また、スロットを打っている時は皆さんご存知のようにタバコを吸われる方は吸う本数半端ないと思います。コーヒーの数も半端ないと思います。そしてギャンブル思考だとそんなはした金はギャンブルで勝って回収するという考えになっていると思います。家計簿を付けて1円単位まで気にしてつけるとこのような考えも薄れていったように感じます。

データをもとに行動ができ気持ちが折れない

今の段階では私の仕事は公にはしていませんが闇雲に取り組むのではなくしっかりとデータに基づいて行動ができているように思います。
スロットも設定があり、ある程度データが貯まると高設定とか分かるかもしれません。ただ私の場合はギャンブル依存症なので途中にある変な演出の煽りで心を乱したり急にデータの挙動が変わったりして勝ち続けることはできないと思い諦めました。

十人十色の回復・禁パチ・禁スロ

ギャンブル依存症を回復を目指すにはGA・病院・ツイッター・ツイキャスなどのコミュニティなどたくさんあります。また、途中でスリップしてしまうのも当然です。そして順調に禁ギャンブルを継続していても心の変化などで情緒不安定になることもあります。しかし、病院や自分にあったなんらかのコミュニティなどと繋がっていれば苦しんでいるのは自分だけではないということが分かると思います。

まとめ

パチスロ依存症克服
300日目の報告としては以上となります。
禁スロの考え方は1日ずつ、今日はしないという考え方なのですが、365日(1年)を目指して行き1年達成記事をしっかりと書ければと考えています。