100回以上失敗した僕が禁スロ100日達成できた理由(パチンコ・パチスロ)

禁スロ100日達成できた理由

「はじめに」と「感謝」

とにかく長くてとても読みにくい記事になっています!1ページで8000文字程度ありました(笑。しかし、ナツジさんの漫画の挿入のおかげで僕の記事が若干読みやすくなっているので読める範囲で読んで頂ければ幸いです。(笑
なぜそんなに長くて読みにくそうな記事になったかというと禁スロ70日目からこの記事を1ヶ月かけて構想し懇親の1ページを作ろうと思ったからです。
ツイッターをしてまして、毎日禁スロ何日目で明日も頑張りますというツィートしているのですが「100日目のツィート」は160文字程度にはおさまらず前日の99日目に約1時間ぐらいかけて160文字程度に無理やりおさめました(笑


はじめは後10文字削らないといけない。それからどうしてもあと2文字膨らんでしまうなどと文字数と戦っていました!(笑
別に2つや3つにツィートを分ければいいと思うのですがどうしても1つにまとめたかったのでそうしました。160文字制限など考えず端的に漢字2文字で表すなら「感謝」という言葉が思いつきました!

100日禁スロ達成とこれまで

100日禁スロ達成とこれまで
紆余曲折ありましたが今日でなんとか区切りである禁スロ100日達成することができました。
僕とパチスロとの関係をざっくりと年表で改めて整理してみます。

2012年頃・・・当時21歳。バイト友達から誘われて一瞬にしてパチスロ依存症になる。
↓それから16年間100回以上辞めようとしましたが辞めれませんでした。
2018年5月中旬・・・精神科にてギャンブル依存症と打ち明けお薬を処方してもらう。禁スロスタート
2018年10月中旬・・・150日間の禁スロの末、スリップ
2018年11月7日・・・禁スロ再スタート
2018年2月15日・・・禁スロ100日達成

区切りであり通過点に過ぎません。

なぜならその前に150日間パチスロを一切していなかったからです。その前は狂ったようにしており最高で200万円の借金も作りました。
鬱病をわずらい6ヶ月間ぐらい精神科に通院していて精神科の先生との信頼関係もできてきました。そこで長年にわたりギャンブル・特にパチスロに依存してしまい辞めたくても辞めれないと相談しました。僕自身ADHD(発達障害)と診断されパチスロをやりたくなる衝動はADHDからきているのではないかとの見解がありコンサータ錠を処方してもらいました。はじめはおまじない感覚で飲んでいたのですが本当にパチンコ店に行きたい衝動がなくなり150日間、禁スロを続けることができました。

その前に150日の禁スロをしてリバウンドしてからの100日目です。

2018年5月中旬に禁スロをはじめその前はなんとなく辞めたいと考えていたり大負けを食らうと「二度と行くか!」と思っていましたが禁スロできても1週間ぐらいが限界でした。
二度と行くか!
なぜ行ってしまったかと自己分析すると

  • 将来の仕事にの不安
  • 体調を崩して先行きが漠然と不安
  • 家に閉じこもる機会が多く刺激が少ない
  • パチスロ動画やパチスロ掲示板などを見ていた
  • パチンコ店を休憩所として漫画を読んだりしていた

そしてもう頭の中でパチンコ店へ行くと決めてしまえばもう後戻りはできませんでした。そして一度スリップすると僕の場合は雪崩のように今までの我慢が崩れ落ちていくようでした。そして約150日ぶりに打ったパチスロは刺激的でした。ほぼストレートで5万円ぐらい負けていてそこから奇跡的に7万円ぐらい取り返し高揚感が抑えられずにそれから何度も繰り返し行きました。そして短期間で結局10万以上負けました。

スリップをしてからこのブログを立ち上げました

一番はじめに書いたブログで「ブログ開設する目的」を書きました。今だからいいますが150日間禁スロを続けスリップをしてから辞めれないまま開設しました。辞めれなくなりどうしていいか分からなくなり、でもまた禁スロを継続して平穏な日常を取り戻したいと思いブログを立ち上げました。「パチスロ依存性克服」をテーマに書いており「スリップしてまた衝動が抑えられなくなっているけどブログを書いていると衝動がおさまるのではないだろうか」とか「ブログを書き続ければ再び禁スロができるんじゃないだろうか?」とか思い更新を続けてきました。ですので、立ち上げた当初の方のブログ記事はパチンコ店に対する批判記事が多いものであったと思います。それでも辞めれずに最後には半日たらずで10万円近く負けもう無理だと思い精神科の先生へ駆け込みそこから禁スロを再出発しました。

100日間禁スロできた理由

150日間のスリップを教訓に新たに取り組み再び禁スロ100日達成できた理由です。

  • 処方された薬をしっかり飲んでいるから
  • ツイッターをはじめたから
  • パチスロ動画・パチスロ情報・パチンコ店との接触を避けた
  • ブログの更新を続け依存症という病気を学んだ

処方された薬をしっかり飲んでいるから

僕が貰っている薬は個人差はあると思いますが飲むと夜寝れなくなる傾向があります。お酒を飲みすぎたりしてお昼頃に起て薬を飲むと実際に寝れなくなるので飲まなかった時がありました。そういう時も今の段階では先生からしっかり飲んだほうがよいといわれ今は継続して飲んでいます。
禁スロ続いている人はギャンブルを辞めたいと思っている人たち同士が集まる自助グループGA(ギャンブラーズアノニマス)であったり病院へ行ったりして回復される方が多いですが僕の場合は精神科に行きお薬を処方して貰い今のところ禁スロを継続できています。

ツイッターの出会い

twitter
はじめはツイッターもSNSの発信ツールみたいな感じで具体的によく機能など理解していませんでしたしフォロワーをたくさん集めてこのブログに流し込んでアクセスアップできればという目的でなんとなくツイッターのアカウントを作りました。そして同じギャンブル依存性で苦しんでいる人をフォローして繋がるようになっていきました。はじめはブログの記事を書いて「こんな記事を書いてみました」とかつぶやいてみるのですが反応が薄くて心が痛く寂しくなりやがて記事を書いても宣伝みたいなことはしなくなりました。逆に本当にぼそっとつぶやいた適当なツィートの方が反応がいい感じです。日課として「いいね」頂ける方のツィートはじっくり見て共感できれば「いいね」を返し「僕も改めて禁スロ頑張ろう!」という気持ちになれました。すごく不思議なのですがツイッターはじめてから今のところスリップせずに無事に100日目を迎えることができました!これもフォローワーさんや他にも「いいね」くれる方のおかげだと思っています。禁スロを決意してGAも再び1週間で3日間通ったのですが時間の都合とあまり僕にはあっていないのかツイッターが僕のGAだと思って取り組んだりしています。

パチスロ動画・パチスロ情報・パチンコ店との接触を避けた

広告規制
特に昔から好きだったパチスロユーチューバー(あえて名前は言いませんが)の動画は1話から400話ぐらい欠かさず見ていました。前回の禁スロ中は、「禁スロしているんだからユーチューブの動画ぐらいみてもいいだろう」と思いよく見ていました。そして何を考えたのかある時、暇過ぎて「今のパチンコ屋さんはインターネットカフェ並に漫画とか充実していたよな」と思い込み打つ気はなく漫画を読む為だけに何回かパチンコ店内へ行くことがありました。その時は本当に漫画を読んで帰るだけで済みましたがやはり今どんな機種があるのだろうと思い少し店内を覗いて心がざわついた事を思い出します。このようにユーチューブの動画やパチンコ店に入ったことがあったから150日間辞めててもスリップしたと自己分析をしています。今回の100日間は、パチスロ動画やトイレを借りるだけでもパチンコ店には入らないようにしています。

ブログの更新を続け依存症という病気を学んだ

最近でこそあまりこのブログを更新できていませんが禁スロを再びはじめた頃は頑張って更新をしていました。そうすることでパチンコ店に行かない暗示みたいな効果もあったかもしれません。ツイッターも同じだと思います。また僕自身が病院と繋がり回復に向かっているので全国の病院・自助グループ・相談機関等を探し文章も全て読みよさそうなところを集めました。そのことで依存性が病気ということやギャンブル依存症のメカニズムの理解も深まってきました。

禁スロと反動

禁スロと反動
禁スロを再び開始して11日目、お酒で大失敗してしまいます。他の人にとっては失敗か分かりませんが僕にとってはすごく後悔した1日でした。ギャンブルで苦しんで借金をしているのに家族や友人など誰にも相談していませんでした。その日は、何件も飲み歩き最後は1人になっても飲み足りず知り合いのバーに行きました。
バーカウンター
知り合いのマスターも気を使ってくれ「もう飲まずにお茶でも飲んで休んだら」と言ってくれたのですが僕はそれがなぜか納得できなくてよく分からないことに「ギャンブル依存性で200万円の借金を作ったことがある!」とか他にも過去の痛い経験を話しお店をすぐ後にしました。次の日、起きるとなぜあんなことをいったのか分からず自分を責めたりして鬱も昔より悪化してきました。
精神科に行きアルコール依存性についても相談しましたが先生いわく衝動的なものでアルコール依存性までは行っていないと思うがこの先同じような飲み方をしていれば5年10年先は問題が起こる可能性が高いので気をつけたほうがいいと言われました。僕自身はこんな思いをするならアルコールを断ちたいと思いアルコール依存性と言ってくれなかったことに対して少し納得いかなかった部分もありました。

病院の後すぐにGAとAAに行きました

実際に精神科に行く前にもうお酒は辞めようと心に決めていて精神科を後にしてからまずは、今日やっているGAとAA(アルコール依存性の自助グループ)の予定を検索してまずはGAにいきました。GAも約15年ぶりぐらいの参加です。とにかく今日いくしかないと思ったので遠方でしたが2時間ぐらいかけてお昼過ぎにやっていたGAに行きました。そして夜はAAに参加しました。その週はGA3回・AA3回参加しました。
結局GAとAAはこの週のみしかいきませんでした。禁酒も始めたのですが禁酒は9日で断念しました。言い訳になりますがまずは禁スロを乗り越えてからゆっくりお酒に対しても考えようと決めました。しかし、今思えばこのような反動を乗り越えて禁スロを続けてこそ平穏な生活が手に入るものだと考えこの体験も今はポジティブに受け止めようと思っています。

禁スロの反動を乗り越えれば世界が変わる


パチスロにはまっていた頃は、パチスロ中心の生活になり趣味もほぼパチスロだけです。親しい友人などには、「仕事は真面目だけど人間味がなく機械的な部分もある」とよく言われていました。僕自身も性格的にそういうものだとと割り切って過ごしていました。しかし、禁スロを辞めてその代わりに映画鑑賞の趣味を見つけよく見るようになりました。感動ものの映画や涙を誘う映画とかでは号泣している自分自身に驚くぐらいです。
昔は決してそのように泣くことはなく自分で言うのもですが「ドライで冷たい性格」でした。映画を見るくらいならパチスロを打っていましたし以前の彼女と無理やり行かされていた映画では40%ぐらいの確率で爆睡していました。
禁煙も1年以上続けてきて味覚が変わりました。禁スロも100日続けてきて感動するタイミングや人間味が戻ってきたように感じます。昔なら映画見るくらいならパチンコ店行ってましたし感動もBIG引くかARTやAT入るぐらいしか無かったつまらない人生でした。

本当のチャレンジは150日から

本当のチャレンジは150日から
100日は区切りとしても嬉しいですが去年も経験してきた日数でありおごりがあり禁スロ150日後スリップしました。去年100日通過したときは、「もう一生いかないだろう」とか「薬も必要ないだろう」とか「パチスロ動画ぐらい見てもいいんじゃないか」とか甘い考えで100日~150日ぐらいの間は過ごしていました。ギャンブル依存症は回復はあっても完治は無いといわれています。いくら辞め続けても一度でも行ってしまえば元に戻ると身を持って体験しました。150日を目指したいですがまずは明日の101日目をクリアして未知の世界の150日にたどり着きそこから新たな光景やチャレンジをしていきたいと思っています。そして200日・300日・1年と報告や皆さんにとっても良い情報が共有できればいいなと思っています。

Special Thanks

  • ナツジさん
  • ツイッターのフォロワーの皆様・「いいね」くださる皆様
  • このブログを読んでくれる読者様

ナツジさん

ナツジ
今回の記事の挿入漫画をナツジ画伯に書いて頂きました!僕のアイコンを書いて頂いた方です。
ナツジさんは僕みたいなギャンブル依存症を題材にした漫画を数多く書かれており数多くの方からその構想・脚本・画質などでとても共感や支持を得られておられます。アイコンを依頼した時に「ギャンブル依存症の漫画サイトのご紹介」というページで詳しく紹介させて貰っていますので是非見ていただいてナツジさんの漫画も読んで貰いたいです。
ギャンブルで作った借金と向き合うマンガ
ナツジさんのブログ:世界の終わりをもう一度、、、3回目の『借金360万』2018~19終章
ナツジさんのtwitter:https://twitter.com/natsuji88

裏話

実はこの記事は禁スロ100日達成前の15日前の禁スロ85日目の2月1日に書き終わりました。なのでこの段階で100日禁スロ達成満々でした。(笑
しかし、100回以上スリップしている僕でもやればできる。「霧島直人=猿でもできる。」ということを少しでも皆さんに伝えて禁スロを広めたい。その為には、かの有名なナツジ画伯とコラボするしかないと思った訳です!
そして、2月1日ナツジさんに相談をして禁スロ100日目の2月15日にこの記事をアップしナツジさんの挿入漫画と共にアップして僕の自己満足(笑)と僕のように「禁ギャンブル」を続けてギャンブル依存症に苦しんでいる人に対して励みにして欲しい・一緒に頑張って欲しいということから書いて貰えることになりました。そこからナツジさんと間に入れて頂ける漫画の構想など約半月の15日間を費やした1ページとなりました!ページ全体の構想は1ヶ月ぐらいかけて考えていました。くだらない1ページを作るぐらいなら本気の1ページを作ってみようと思いナツジさんにも協力して頂きました。

ココナラというサービスを通してアイコンや今回の挿入漫画を作って貰いました。

2月1日に発注したのでその時点で禁スロ85日目です。もし、その日以降パチンコ店に行ってしまえばナツジさんの漫画作品やこの記事も無かったことになり全てが幻の作品となってしまうのである意味、禁85日目~100日目まで緊張感を持って改めて禁スロに対して取り組めたので良かったと思っております。
改めて、「ナツジさん今回も素晴らしい漫画作品ありがとうございました!とても素晴らしい記事にパワーアップできました!」。「おかげさまで無事禁スロ100日達成できました!やっと肩の荷がおりて心おきなくスロットを打てま・・・」「いや違います!(笑」 ただの1人ボケと1人ノリツッコミです!
僕にとってはこのページはただの1ページではありません。ナツジさんの協力があったからこそ禁スロ100日に到達することができ、もはやどれだけ読まれるかなど意識もせず僕にとっては何物にも変えられない大切な宝物の1ページになりました!本当にありがとうございました!「スリップしそうになり。もうパチンコ店に行ってしまおう!」となれば、まずは自分が書いたこのページを読んでからパチンコ店へ行きます!なんとなくやっぱり辞めておこうという気になる気がします!次は禁スロ200日目のコラボ記事もまたよろしくお願い致します!(笑

ツイッターのフォロワーの皆様・「いいね」くださる皆様

他の記事でもこの記事でも何度も何度も書いているのですが「ツイッター」はじめた2018年11月7日から1度もスリップをしていません。記念すべき初めてのツィートは
ツイッターはじめてみました。」の14文字のみです(笑。


逆に今では限度数の140文字で抑える為に必死に考えて書いています(笑
今ではおかげさまでフォロワー様が100名以上増えて「いいね」くれる方のつぶやきは1日に時間を決めて全て目を通させて頂いています。ぶっちゃけツイッター始める前はフォロワー数を1000人ぐらい増やしてボットでまわしてこのブログに誘導すればいいと思っていました。しかし、逆にそのような人のツイッターを見ると人間味が無く不愉快に思うこともありそのようなことはせず、逆にいつも心温まるつぶやきをする方や「いいね」をしてくれる方のおかげで毎日つぶやくことができました。性格上、何故か適当に何回もつぶやくことができずにそれであれば1日1回心をこめて「今日は禁スロ○日目です。今日はこういうことがありました。」とつぶやくようにしています。それと大事にしていることは、禁パチ・禁スロを続けられている仲間がスリップした時には微力ながら必ず声を掛けていることです。これは仲間に対する励ましの言葉でもあり自分にも言い聞かせている戒めの言葉としてつぶやかさせて頂いています。逆に区切りの1ヶ月・2ヶ月3ヶ月100日など「おめでとうよく頑張りましたね!今後も一緒に頑張りましょう!」のメッセージを送ることを大切に取り組んでいます。実際に誕生日もそうですが記念日に「おめでとう!」と言ってくれれば嬉しいですしモチベーションも上がります。無理にそのような言葉を貰う為にやっているのではなく自分がそういうことをすればいつかは返ってくるんじゃないかと思ってやっているだけです。「普段の生活でも笑顔で接してれば笑顔で帰ってくる」そんな単純な行動です。
これらの理由もあり本当に心の励みとして禁スロ100日達成することができたのも「ツイッターのフォロワーの皆様・「いいね」くださる皆様」のおかげです!ありがとうございます!そしてこれからもよろしくお願い致します。

このブログを読んでくれる読者様

このブログを立ち上げる時にブログ開設する目的を書きました。僕はパチスロで借金もして婚約破棄もして人生も壊されました。今現状はアクセスが1日100万人あろうが1日1人であろうが構いません。このブログを通して1人でも同じような過ちを犯して人生を台無しにする人をなくしたいと思っています。しかし、禁スロ100日の過程でたくさんの励ましの声も頂き僕の人生もまだ完全に壊れておらず、これからでもやり直せるのではないかと思えてきました。実際にブログを通してもコメント欄等を設置してコミュニケーションを取って行きたいと思っていますが僕自身が鬱病の回復途上でありまだ勇気がでなくてコメント欄の設置は設けておりません。完全に精神ともに回復すれば読者様とも交流をとり今現在悩まれている方に対してもアドバイス等できればこちらも嬉しく思います。1回だけでも見てくれた方、定期的に見てくれる方、全ての方に感謝申し上げます!