禁スロを続けるために負けない心を持つ

心

今日で禁スロ136日目です。
禁スロが原因ではなく1年以上前から鬱病に悩まされ気分の上下があるのですがそれにも負けず禁スロ続けてこられていることは自分でも誇りに思います。それも、このブログを見て頂いている方やツイッターの繋がりで「いいね」や温かいメッセージを頂いているからです。本当にいつもありがとうございます。

当たり前を当たり前だと思わない

否定
禁スロを続けたりいろんな方々と接したりたくさんの意見を聞かせて貰ったりすることで今まで自分が思い込んでいた感情や習慣など当たり前だと思っていたことが「ちょっと待てよ」とか、「もしかしたら固定観念」に囚われていたのかもしれないと思うようになってきました。

なぜそのように思うようになったのか?

幸福は幸福を呼び、不幸は不幸を呼ぶと聞いたことはないでしょうか?
パチンコ・パチスロをしていればギャンブルをする仲間が増えます。
お酒を飲みアル中になるぐらい飲む人は飲み屋さんなどでそのような仲間と必然的に繋がっていきます。
僕自身、ギャンブル依存性で半アルコール依存症者です。先日、僕と同じ同業者の人と食事をする機会が有り僕の体調も気遣ってくれ上辺だけじゃなく本心で話しかけてくれ厳しいことも言われましたが全て僕がやってきた事なので真摯に受け入れることができ逆にギャンブルやアルコールの悪友の付き合い方を考えたほうがいいと真剣に話をしてくれました。そして、禁スロ136日がたち体や心にヒシヒシと吸収されてくるような感じがしてかなり救われた気持ちになりました。そして僕自身もそのような友達付き合いも変えようと決心しました。「友達結構減るな~」とか思ったりしましたが、このように言ってくれる友達数人いる方が何倍も重要だと感じるようになりました。

イチロー選手の引退をきっかけに考えてみました

習慣
本当により良い生活習慣や向上心を持っていれば良かったのですが、今だから言えますがそのことがずれていてその為にギャンブル依存症になり鬱にもなり自分の首を自分で苦しめる結果にも繋がっていたんじゃないかと思うようになってきました。
先日シアトル・マリナーズのイチロー選手が引退され今まで陰ながらすごいなといつも思っていました。その影には並大抵の努力があったということは誰もが知っていると思いますが規則正しい生活や奥さんが作ってくれたオニギリなど徹底したバランスの取れた食事と決めた練習を欠かさず習慣として行われていたということです。
僕もイチロー選手までとは言いませんが体調を崩すまでは貪欲に仕事に励んでいました。ただパチスロ依存症でした。何100回と辞めようとしましたが辞めれませんでした。当時は…GA(ギャンブル依存症克服するための自助グループ)や病院にメールして問合わせたり・ギャンブルを辞めるためにカウンセリングにも通っていました。それでも辞められなくお金が減るだけで借金が増え仕事を頑張り借金を減らすしかないと思うようになってしまいました。そして、食費も削り精神も削りひたすら仕事に没頭してある程度結果はでて評価される時もあるのですが結局はギャンブルによってお金も心も削られるまさにイチロー選手とは正反対の悪循環の生活をしていたなと今では感じています。おこがましいですがイチローさんとまでは行きませんがツイッターの禁スロ報告は、イチローさんが50歳まで現役を目指されていたので50歳までは毎日できればいいかなと思っています。(笑

薬物やギャンブルに逃げては行けない

逃げる
連日報道されている、某音楽グループのある人がコカインを使用容疑で捕まった事件。あえて詳細はこの場では言いません。
あえていえることは、いくら仕事や夫婦・恋人・家庭環境などに不満やストレスを感じても決して違法ドラッグやギャンブルに逃げてはいけないということです。「ギャンブルは麻薬です。」グーグルの検索でもずらっとでてきます。そしてこのサイトも出てきます。本心は麻薬もパチンコ・パチスロも同等に取り締まって欲しいくらいです。なぜなら、パチンコ店は麻薬同様に依存し犯罪を犯し借金までし毎年殺人事件も多発しており不幸をよぶ産業だからです。ギャンブル依存症法案も可決しこの春から具体的に取り組みがあると去年ニュースで聞きました。それらの内容を随時お伝えしギャンブル依存症で苦しんでいる方の軽減になればとも思っています。

いずれはしんどい人たちの役に立ちたい

二度と行くか!
今回は、久しぶりにあった友人と食事をしていて助けてくれる言葉をたくさん貰い助かったわけですが逆に今後は今の自分みたいに落ちている方やギャンブル依存症で苦しんでいる方に対して助けになるような発信をもっとしていきたいと思います。GAもツイッターなどで「今後は積極的に参加させて頂きます」などと発信しているのですが全然行動に移せていないのが現状です。
気持ちは確かにこのようにあるのですがもう少し時間を頂いてマイペースに物事を1つずつこなして行き最終的には、ギャンブル依存性もより回復をして今現在苦しんでいる方たちの為の癒しとまでは言わないですが少しでも軽減できるような存在になりたいと思います。