パチスロ遊戯人口100万人減で客離れ・倒産が後を絶たない

パチスロ遊戯人口100万人減

日遊協(日本遊技関連事業協会)2018年のパチスロ参加人口は659.5万人となり、前年に比べて104.7万人の減少したということを3月14日公表しました。

パチスロ遊戯人口100万人減
2018年 6,595,000人
2017年 7,642,000人
1年前から14%減

パチスロだけ言われてもピンとこないと思いますので改めてパチンコ店の現状の数値を整理します。

全体の数字

倒産
パチンコ店遊戯人口900万人(ピークは今から24年前の1995年約2,900万人)※2017年の結果
2017年の結果なので2018年の結果や今年の人数は更に減る可能性が高いと思われます。
パチンコホール数も1995年には全国で約18,000店舗ありましたが2018年11月末時点で9,264店舗と半減しています。
全日遊連の加盟店、2018年11月末時点で9,264店舗より
そして、とうとうP-WORLDの登録店舗数も9,000店舗をきってきています。

パチスロ遊戯人口100万人減の年齢別

1年間に100万人という数はかなり多いと思います。千葉市の2018年10月1日推計人口数が977,247人なので千葉市の人が1年間で一気にいなくなるぐらい減ったということです。
「10~30代」の層がかなり減っているそうで40代以上の年齢の方は現状維持とのことらしいです。
具体的な理由や見解は述べられていなかったです。僕自身は30代後半なのでどちらとも言えない微妙な年齢層にあたります。

100万人減の理由の考察

100万人減の理由の考察
射幸心をあおり依存性が増えるので4号機から5号機と変わりました。そして5号機に変わっても依存性問題は改善されず規制がさらに強化され5号機の旧基準機が徐々に減り6号機に移行して射幸心をあおるパチスロ機が減っていた為です。
警察も依存性対策の為に射幸心をあおる旧基準機を撤廃し順次、射幸心を煽らないギャンブル性を低くしたパチスロ台へ移行しなさいと促していますがパチスロ業界は目先の利益の為に旧基準機も警察に強制的に言われるまでは検定日ぎりぎりまで使っていくようです。
全日遊連もはじめは旧基準機を2019年1月末までに設置比率を30%から15%まで下げる(自主規制)と言っていました。しかし、去年の11月無期限延期を発表しました。
旧基準機1月31日までに15%以下延期
この発表も僕自身すごくびっくりしましたし動揺しました。なぜなら旧基準機しか打っていなく辞めたくても辞めれない依存性でこのような期限があれば完全に辞めるきっかけになるからです。それが、「徐々に撤廃と言っときながら6号機が浸透しないとか台の入れ替え費用がどうだこうだと言いやっぱ延期」といわれ怒りしかありませんでした。

この業界は信用できない

信用できない
なぜなら検定期間、パチスロ台は検定の許可が出た日から3年間は検定期間として稼働できるという認識がかつてありました。
ちょうど3年前ぐらいでした。「北斗の拳 転生の章」という思いっきり負けていた台があり3年前は、パチスロサイトなどを見ると検定期間が終了するので打つなら今のうちとかよく目にしました。ちょうど3月末ぐらいが検定終了日で4月以降は卒業しようと思っていましたが普通に残っていてひっくり返りそうになりました。どうやら後で調べると「3年間は検定期間として、それを経過しても+3年間は認定期間として台を設置しておける」とかいう訳の分からないルールができたかあったそうで当時は非常に驚きました。それからちょうど3年たつので流石にもう撤去されるようです。
「北斗の拳」は、初代パチスロが爆発的に人気になりパチンコでもかなり普及しています。本当に数多くの依存症者をだしてきた版権だと思います。「お前はもう死んでいる」というより「お前はもう依存性になっている」という感じでパチンコ・パチスロから抜けられなくなっている要因の1つだと思います。

6号機について

6号機について
100万人減の公表ページの中には6号機の調査も公開されていました。6号機の遊技経験については、○%が「遊んだことがあり、今後も遊ぶつもり」とか○%が期待するとかありましたが僕にとってはそんなのもうどうでもよすぎます。
11月8日から禁スロを初めていまで143日目ですが禁スロ前も6号機は出ていましたが1度も打ったことはありません。なぜならその当時、6号機は新台であろうとほぼ誰も打っておらず設定良さそうなグラフを見ても地味な増え方しかせず新台であろうとほぼ全台客からぶっこ抜いていたからです。

旧基準機の設置期限とまとめ

旧基準機の設置期限
ちょっと設置機嫌を調べてみました。本来はパチスロを連想することは禁スロを妨げたりスリップに繋がるのでパチスロ台については調べたり記事にも書かないように心がけています。しかし、射幸心の高い旧基準機のあるおかげでパチスロを辞めたくても辞められない人にとっては朗報であり辞められるタイミングでもあるから調べてみました。
以下を見ると「北斗転生」はもう1週間ぐらいで完全に消えるみたいです。その後は、今年の12/15終わればほぼ旧基準機は「ミリオンゴッド凱旋」のみになりそうです。

北斗転生 2019/04/07
モンハン月下 2019/12/08
バジリスク絆 2019/12/15
アナザーゴッドハーデス 2019/12/15
ミリオンゴッド凱旋 2020/11/16

ギャンブル依存症法案ができさらに具体的なパチンコ店への締めつけや来年にはオリンピックや受動喫煙問題などありますます遊戯人口が減りそうです。そして1人でもパチンコ・パチスロ依存症で悩んでいる方が救われればと願うばかりです。